鎌倉 青蓮寺  2018/02/16

   

寺名:飯盛山仁王院青蓮寺
宗派: 高野山真言宗
創建:弘仁十年(819年)
開山:弘法大師
中興:善海
本尊:弘法大師空海
別称:鎖大師

西鎌倉にある高野山真言宗の「青蓮寺」、高野山宝寿院(無量寿院)の末寺で正式な寺名は「飯盛山仁王院青蓮寺」、高野山真言宗準別格本山の寺格を持ちます。創建は平安時代、弘仁10年(819年)に空海(弘法大師)が開山し、室町時代に善海が再興したと伝えられています。残念なことに天保4年(1833年)に起きた火災と関東大震災の時に寺院が倒壊し、寺の史料の多くを失っているため詳しい事がよくわかっていないようです。本堂に祀られている御本尊の弘法大師坐像はひざの部分が鎖でつながれていて動くようになっているとのことで「鎖大師」と呼ばれ、寺院の呼び名にもなっています。9世紀始め弘法大師によって嵯峨天皇に献上され、天皇の崩御後に奈良の岡寺へ、さらに鶴岡八幡宮、寿福寺に移り、最後にここに安置されたということです。寺伝によると、弘法大師が寺の裏手にある飯盛山での修行中に天女(江の島の弁天様)が現れ一粒の仏舎利を託して弁天池に姿を消します。大師が翌朝目を覚ますと弁天池一面に青い蓮華が咲いていたということで、寺の名前はこれに由来しているということです。

山門

鐘楼

本堂

湘南モノレールの駅ならば「西鎌倉」、笛田の仏行寺からスマホのマップを片手にひたすら歩きます。方向さえ間違えなかったら・・・ 「鎌倉山」から西鎌倉小学校の脇を抜けて神奈川県道304号腰越大船線を右折、なだらかな下り道を進むと目的の青蓮寺が左手に、やっとのことで山門前に到着です。西鎌倉ははじめてで、由緒ある青蓮寺は外せない。しかし仏行寺からの直線距離は大したことはないのですが、「坂道に苦戦」といったところでした。

寶積院納骨堂

弁天池前

十三重塔

「鎖大師」の別称で親しまれている鎌倉の古刹でその歴史は、弘仁10年(819年)の空海(弘法大師)開山まで遡ります。山門をくぐり右手に鐘楼、左手に修行大師像と両脇に不動明王、愛染明王が祀られています。境内を進み右手に庫裡から本堂、向かい合うように建つのは、最近になって新しく建てられた塔頭の手広山寶積院薬王寺の堂です。その奥は墓地となっていて言伝えの弁天池があります。萬霊供養と諸祈願成就のために建立され、商売繁盛や勝負運、健康運、恋愛運などをもたらすとされた「五輪塔童子」、鎌倉では初めての童子像でやさしく”ふれながら”お願いごとをすると叶うとか、比較的新しい像だと思いますが最近のパワースポットのようなものでしょう。境内ではちょっと不思議な存在に感じます。さて、江ノ電バスに乗って江の島あたりまで南下、散策を続けます。

弘法大師修行像と両脇に不動明王、愛染明王

「あ」の五輪塔童子(金運)

 - 西鎌倉, 鎌倉