鎌倉 収玄寺  2013/07/14

   

山号:四条山
宗派:日蓮宗
本尊:十界曼荼羅、釈迦牟尼仏
創建:文政元年頃.
開基: 四条金吾
開祖:妙詣尼
開山:日勇
中興:日慈

長谷駅から長谷寺方面に向かう途中、左手にある「収玄寺」、文永8年(1271年)、日蓮聖人の四大法難のひとつである龍口法難の際、日蓮とともに殉死を覚悟したという四條金吾頼基の屋敷跡に文政年間に妙詣尼が創建した収玄庵が始まりとされています。1923年に光則寺の日慈が今の本堂を再建、寺号を現在の収玄寺に改称します。

山門

境内を四季折々の花が彩る「花の寺」として知られる収玄寺、観光寺院としての紹介は小さいものの由緒ある寺院が多くある鎌倉、そのひとつです。日蓮宗信者だった東郷平八郎の揮毫による「四条金吾邸址」の石碑、高徳院へ向かう街道ながらも目に留まる存在です。

四條金吾頼基邸址の石碑

本堂

最初の頃は長谷寺であったり高徳院であったり、気が急いて目にも留まりませんでしたが鎌倉には、源氏、北条、日蓮所縁の史跡がいっぱいです。京都ほど観光地化されていませんが魅力度なら互角、負けていません !(^^)!

 - 鎌倉, 長谷 由比ヶ浜 , , ,