鎌倉 成就院  2018/02/16

   

正式寺名:普明山 法立寺 成就院
山号:普明山
宗派:真言宗大覚寺派
本尊:不動明王
創建年:承久元年(1219年)
開基:北条泰時

由比ヶ浜近くの高台にある真言宗大覚寺派の寺院である「成就院」、もともと平安時代初期に弘法大師が護摩供養を行ったと言われる地に 北条泰時が創建します。外護摩壇本尊・不動明王像は、「良縁を結ぶ」として縁結びに恐ろしいほどご利益があることにも定評でパワースポットとして知られ多くの人が訪れます。携帯の待ち受けにすると良縁があるとのことで若い人に人気があります。

江ノ電「極楽寺」駅から西結界の門へ

山門

長谷方面(由比ヶ浜)

本堂

本尊の御分身 不動明王像

弘法大師像

龍の手水鉢

東結界の山門から見る絶景「由比ヶ浜」を眺めながら極楽寺坂を下ったところにある「虚空蔵堂」、正しくは「明鏡山円満院星井寺」、行基菩薩所縁あると伝えられる成就院境外仏堂です。奈良時代に行基菩薩が井戸の中に虚空蔵菩薩の姿を見て像を彫り、祀ったのが起源と伝わります。

長谷から上る山門に繋がる参道には「般若心経」の文字数と同じ262株もの花が咲き、明月院や長谷寺と並ぶ鎌倉を代表する紫陽花の名所として知られる「成就院」。参道の改修工事の為、2015年~2017年までの3年間は紫陽花を見ることができず、久しく今年になって株数は30株ほどとなってしまいましたが公開を再開しています。私の鎌倉デビューは梅雨時の成就院でした。紫陽花の季節は参道を多くの参拝者が並びます。人の行列が大変で写真は断念・・・ 懐かしい思い出です。参道の紫陽花は立派に見頃になるまではもう少し年数がほしいところ、でも独り占めできる境内はきっと今だけかも (^^)/~~~

東結界に向かう参道

由比ヶ浜

 - 鎌倉, 長谷 由比ヶ浜