奈良 久米寺  2015/11/18

      2018/02/01

アジサイと久米仙人のお寺として知られている「久米寺」、近鉄「橿原神宮前駅」から歩いて数分です。久米寺略記によると、推古天皇の勅願のもと聖徳太子の弟来目皇子が建立したといわれています。詳しい時期はわかっていませんが礎石群や瓦からすると7世紀後半には建てられていたとのことです。807年には弘法大師空海が真言密教を宣布したことから久米寺は真言宗発祥の地といわれ真言宗御室派の別格本山になっています。境内にある重要文化財の多宝塔は1659年に御室仁和寺から移築、金堂や観音堂はこのころの再建ということです。空中を飛行中の久米仙人、吉野川で洗濯をしていた若い女性のふくらはぎを見て神通力を失い落下したという「久米仙人の伝説」、別格本山という高い位置付けの古刹にしてはユニークなお話もあるものです。雨の中の久米寺ですが、金堂に上がらないまま境内を散策して立ち去る人が多い、御本尊の天得薬師瑠璃光如来座像、日光月光菩薩像、聖徳太子像、来目皇子像、そして伝説の久米仙人坐像、みな揃っていらっしゃるのにもったいないものです。

山門

PB180020

仁王像
PB180023

PB180021

金堂
PB180001

多宝塔
PB180006

観音堂
PB180012

PB180013

七重石塔
PB180026

虫塚
PB180030

金刀比羅宮
PB180004

大日如来像
PB180027

 

 - 奈良, 飛鳥・橿原・葛城 , ,