京都 毘沙門堂  2016/05/24

      2018/01/26

2年半ぶりの山科「毘沙門堂」、前回は紅葉の時期でしたから新緑の季節は初めてとなります。5月末というのにこの暑さ、でも参道のモミジが青々として美しいこと。拝観料を納めると「ただ今堂内は独り占めですよ」って。おもわず「ありがとうございます」と答えてしましました。毘沙門堂がこの地に再建されたのは江戸時代になってからで、以前は御所の北にあったといいます。天台宗京都五門跡寺院のひとつで、御本尊の毘沙門天は天台宗の宗祖伝教大師・最澄の自作と言われています。2013年の紅葉の時期は、団体客と一緒になってしまいましたので本殿でも人の流れに押されて御本尊をゆっくり見ることができませんでしたが、今日は堂内に誰もいません。勝手気ままにさせていただきました。残念ながら弁天堂が改修工事に入っていたので遠慮いたしました。ただ帰り際にお寺の人から境内にある「輪王寺宮墓地」のことを教えていただけたのはラッキーでした。不勉強で知らなかったのでもちろん参拝させていただいてから毘沙門堂を離れました。感謝です !!

参道へ
P5240030

仁王門へ
P5240032

P5240046

唐門
P5240034

本殿
P5240067

P5240066

宸殿
P5240052

P5240065

晩翠園
P5240055

勅使門
P5240073

薬医門
P5240070

P5240061

宸殿の玄関
P5240069

 - 京都, 洛東 ,